pagetop

ecoSTAGEメインビジュアル

「健康で快適に暮らせる家」、 そして「省エネで家計に優しい家」

家族のみんなが思い思いのことをやっていたとしても、「家」(Home) は家族にとってホッとする、特別の場所であることに、今も昔も変わりません。 生活を共にしながら影響しあい、家族の心と体を育む大切な場所。 住まいが快適でなければ、愉しい暮らしを描くことはできません。 今、家のあり方と健康との関係に注目が集まっています。

「冬は寒いもの、夏は暑いものであり、我慢」

というような考え方ではなく、家族にとって一番大事なものは健康であり、そのためには性能のよい住まいで、安定した室内環境が必要不可欠、ということです。 そのような家は、すこし建築費は上がりますが、冷暖房費などの維持費を低く抑えることができるので、長く住みこなしていけば割安になります。
結果的に、地球に優しく、家計にも優しい家、それが ecoSTAGE が目指す家です。

■年間冷暖房費の比較

「ecoSTAGE」 は、発電量を増やす前に、
まず、消費するエネルギーを徹底的に削減します

ZEH (ネットゼロ・エネルギー・ハウス)は、文字通り、使用するエネルギーを発電して、ネットでゼロにした家です。
そこで、エコステージの場合は、発電量を増やす前に消費するエネルギーを徹底的に削減します。
具体的には、次の3つの順に削減していきます。

step-1:建物の外皮の断熱性能を強化する(詳細は テクノロジー ページをご覧ください)
step-2:冬の日射取得や夏の日射遮蔽により太陽からの恵みを利用します
step-3:エネルギー効率の高いエアコンや照明器具で省エネします

ただ、ecoSTAGE は ZEH が目的ではありませんから、
「太陽光パネルを載せるか?」
「載せるとすると、どのくらいの容量にするか?」
という判断は、住まい手に委ねることにしています。
むしろ、建物の断熱と気密の性能をよくして、室内の温度分布をできるだけ均一とし、快適で健康な住まいを提供します。 さらに環境にも優しい住宅です。


ZEH とは?

「ZEH」とは、いわゆるゼロ・エネルギー住宅をあらわす言葉で、正しくは「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(Net Zero Energy House)」の略称で「ゼッチ」と読みます。
わが国では「住宅については、2020年までに標準的な新築住宅で、2030年までに新築住宅の平均で住宅の年間の一次エネルギー消費量が正味(ネット)でゼロとなる住宅(以下、「ZEH」という)の実現を目指す」とする政策目標が設定されています。
国土建設は下記の目標を定め、ZEHの普及に直接寄与する「ZEHビルダー」としての活動も行っていく所存です。
■ZEH比率(Nearly ZEHを含む)
2016年度(H28年度)実績 8%
2017年度(H29年度)実績 19%
2018年度(H30年度)目標 51%
2019年度(H31年度)目標 59%
2020年度(H32年度)目標 71%