pagetop

夏、冬、それぞれに1台のエアコンで、快適に過ごす
パッシブ・デザインの住まい

四季に応じた太陽の特徴をうまく利用する。
建物の断熱性能が高まってくると、さらに光熱費を減らせる可能性が出てきます。
それが、太陽の熱を上手に利用するパッシブ設計です。
窓から入る太陽熱の量は、ガラスの断熱性能が良くても悪くてもさほど変わりませんが、いったん入った熱は断熱性能が高いと逃げにくく、冬場は部屋を暖めてくれます。さらに熱が床や壁、天井に蓄えられて、温度が下がってきた夕方から夜にかけては、室内に放出されて、暖房が少なくて済みます。
一方、夏場ではそうした熱を蓄える性能が弱点になってしまいます。
そこで、夏は日差しを家の中に入れないよう、南側の庇を深くし、あるいは窓の内側にブラインドなどを取り付けて、日差しをカットするようにします。
また、吹抜けや階段室に開閉可能な高窓を設けて、部屋に溜まった熱を外に放出して、できるだけエアコンの力を借りないで夏をすごしやすくする計画です。


※ピーク時のエアコンの使用に付いては、個人差があり、1台を保証するものではありません。


床下を利用した空調のメリット
ecoSTAGE の特徴のひとつが、基礎断熱と床下空間の利用。基礎を断熱することで、高い機密性能が確保でき、梅雨時期にも湿度の高い空気を建物内へ取り込まないので結露や劣化の防止が容易です。
この断熱された床下の空間を利用して、熱効率のよいエアコンからの空気を流します。床材に開けられた隙間から24時間、少量の温風が噴き出して、1階床面全体を穏やかな温度に保ちます。
これらの空気は、階段室や吹抜けを通って、建物全体に行き渡り、安定した温熱環境を作り出します。
床下では、熱容量の高いコンクリートにエアコンからの温風が通ることで、基礎スラブ全体が蓄熱槽となり、室温を安定させます。
ecoSTAGE では、この床下の冬用エアコンと2階吹抜けに向けて取り付けられた夏用のエアコンの、合計2台だけで、住まい全体の空調をまかなっています。


床下空調は光熱費の節約にも貢献
床暖房を1階のLDKに入れると、床暖のある部屋とそこの天井付近は暖まりますが、廊下、脱衣所やトイレまでは暖気はほとんど伝わりません。
一方、床下に暖気を流せば、廊下、トイレや洗面室も含めた1階全体を暖めることができます。ピーコン ecoStage のような断熱性能が高い家では、熱が外に逃げにくいので、1階の暖気は自然に2階へと上がっていきます。その結果、エネルギー消費を抑えながら暖房で家全体を温めることができ、光熱費も大幅に節約できるのです。