pagetop

見学可能  トリヴェール和泉 モデルハウス (2017.09) 

・UA値 0.45W/m2K
・C値 0.50cm2/m2(実測値)
・BELS評価5つ星(最高等級)、一次エネルギー消費量削減量60% 
・ZEH(※1)対応仕様(太陽光発電パネル設置)
・基礎断熱(床下エアコン設置)
高い断熱性と、気候の特性を活かし 日射と風をコントロールした低燃費なecoSTAGEモデル。 ゆったりとくつろげる空間と暮らしやすさにこだわった住まい。
詳しくはこちら>>

見学可能  三田けやき台3丁目けやきキャンバス モデルハウス (2017.07)

・UA値 0.45W/m2K
・C値 0.38cm2/m2(実測値)
・BELS評価5つ星(最高等級)、一次エネルギー消費量削減量57% 
・基礎断熱(床下エアコン設置)
北入り敷地の原型となるような、南からの採光や太陽の恵みをうまく使ったプラン。
詳しくはこちら>>

東登美ヶ丘11モデルハウス (2015.11) 公開終了       

フラッグシップモデルして建設された、東登美ヶ丘11号地モデルハウス(ZEH対応仕様)は体感住宅として ご好評頂いております。

・UA値 0.41W/m2K
・Q値 1.10W/m2K
・C値 0.58cm2/m2(実測値)
・ZEH(※1)対応仕様(太陽光発電パネル設置)
・基礎断熱(床下エアコン設置)
・エネルギーパス(※2)評価による必要エネルギー 129.8kWh/m2年(建物本体の燃費性能)
大きな吹き抜けを取っても、 家中を一定の温度分布にすることができる、 高断熱ZEH住宅

トリヴェール和泉モデルハウス (2016.09) 公開終了

・UA値 0.41W/m2K
・Q値 1.09W/m2K
・C値 0.39cm2/m2(実測値)
・ZEH(※1)対応仕様(太陽光発電パネル設置)
・基礎断熱(床下エアコン設置)
・エネルギーパス(※2)評価による必要エネルギー 120.2kWh/m2年(建物本体の燃費性能)

三田けやき台3丁目けやきキャンバス モデルハウス (2016.06) 公開終了

・UA値 0.43W/m2K
・Q値 1.13W/m2K
・C値 0.40cm2/m2(実測値)
・平成28年度 住宅・ビルの革新的省エネルギー技術導入促進事業「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス支援事業」の採択物件(平成28年8月)
・基礎断熱(床下エアコン設置)
・エネルギーパス(※2)評価による必要エネルギー 142.9kWh/m2年(建物本体の燃費性能)

三田けやき台3丁目分譲ZEHハウス (2015.07)     

・UA値 0.53W/m2K
・Q値 1.71W/m2K
・C値 0.32cm2/m2(実測値)
・平成26年度補正予算による「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)支援事業」の採択物件(平成27年6月)
・太陽光発電パネル設置
・エネルギーパス(※2)評価による必要エネルギー 136.3kWh/m2年(建物本体の燃費性能)



(※1)ZEHとは?
「ZEH」とは、いわゆるゼロ・エネルギー住宅をあらわす言葉で、正しくは「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(Net Zero Energy House)」の略称で「ゼッチ」と読みます。
わが国では「住宅については、2020年までに標準的な新築住宅で、2030年までに新築住宅の平均で住宅の年間の一次エネルギー消費量が正味(ネット)でゼロとなる住宅(以下、「ZEH」という)の実現を目指す」とする政策目標が設定されています。
国土建設は下記の目標を定め、ZEHの普及に直接寄与する「ZEHビルダー」としての活動も行っていく所存です。
■ZEH比率(Nearly ZEHを含む)
2016年度(H28年度)実績8%
2017年度(H29年度)目標28%
2018年度(H30年度)目標51%
2019年度(H31年度)目標59%
2020年度(H32年度)目標71%

(※2)エネルギーパスとは?
エネルギーパスとは、建物自体の燃費性能の公平な評価ができる性能評価ツールの事です。
詳しくはこちらをご覧ください(参照:日本エネルギーパス協会のHP http://www.energy-pass.jp/energypass/
・省エネ性能が高く、自らエネルギーも作り出す住宅は、電気・ガス料金が高騰したとしても受ける影響は少なくなります。
ところが、多くの場合はランニングコストを見える化しにくい為に、建物自体の断熱材や窓サッシに投資するよりも、キッチンや設備にお金をかけてしまいがちです。
エネルギーパスの導入によって、目途としての収支を把握しやすくなります。 その結果、断熱等の性能面と設備等へかける費用バランスを整えやすくなります。