pagetop


気密

せっかくの断熱性能、それを建物の快適性につなげるには

建物の気密が悪いと、せっかくの暖房や冷房をしても、外に空気が逃げて行ってしまい、外の空気との温度差が大きいと結露の原因にもなります。
また、建物の各部屋に十分な新鮮空気を行き渡らすためには、途中で空気が逃げたり、すきま風が入ってくることは好ましくありません。
住宅金融支援機構による施工基準では、気密度の基準(これを、C値と呼びます)は、5.0cm2/m2ですが、
ピーコンでは、C値=1.0 が一般的な住宅地で換気計画を行うために必要な最低の気密度であると考えています。
(参考:2015年での実測値の平均は、0.6 以下でした。)
先に述べましたように、気密は、断熱性能や空調、換気を設計通り発揮するために大切な性能です。
トリヴェール和泉 ecoSTAGE モデルハウスではC値=0.39cm2/m2です。



厚さ0.2mmの気密シート

厚さ0.2mmの気密フィルムを、壁、および天井の室内側に貼りつめ、住まいの気密・防湿効果を高めています。
また、サッシ周りなどは、ウレタン・コーキングで気密処理をおこなっています。


全棟検査により、気密(C値=0.6以下)を実現

「God is in the details.(神は細部に宿る)」。建築においては、細部までこだわり、きちんと仕上げないと全体の美しさはない。これは近代建築の巨匠ミース・ファン・デル・ローエの有名な言葉です。私達が造る家も細部へのこだわりがなければ、本当の快適さは得られません。ピーコンでは長年の信頼関係を築いてきた職人さんが1棟1棟ていねいに仕上げていきます。さらに、実証するため、完成時には全棟気密性能(C値)の測定を行い、すべての住宅においてC値=0.6cm2/m2以下を実現しています。