国土建設株式会社は関西圏を中心に分譲住宅と注文住宅を設計・施工で販売する住宅メーカーです。

兵庫県
神戸花山手ゆりのき台 けやき台3丁目KEYAKI CANVASカルチャータウン学園7丁目 ワシントン村
京都府
光台6丁目
京阪東ローズタウン

奈良県
東登美ヶ丘6丁目30Gardens

大阪府

トリヴェール和泉はつが野


住まいを長期的な視点で考える

ピーコンが作る住宅は、30年、50年、さらにもっと長く生き続けていきます。
ですから、将来の生活スタイルの変化や設備の変更にも、しっかりと追随できることが求められます。あとから簡単に変更できない構造躯体については、しっかりした性能(耐震性、耐火性、断熱性や気密など)が必要という考えが基本です。機能性はもちろん、快適で健康に暮らせる住まいを追求してきました。
また、引渡し後のアフターサービス活動では、建築された住宅をよく理解した社員が維持管理に携わってきました。完成時の性能を維持し、あるいは改良しながら住み続けることで、大切な資産としての価値が守られます。

全ての工程を自分たちの手で

販売から施工、そしてアフターサービスまでの全工程を、直接自分たちで手掛けてきた国土建設。
1963年(昭和38年)に鉄筋コンクリートの工業化住宅をスタートして以来、約半世紀の間、性能の高い住宅を手頃な価格で提供することを目指してきました。プレハブ住宅の創世記には、在来の木造住宅とは全く異なる耐火構造の住宅を販売。その後は、量から質へと住宅マーケットが変遷していく中で、構造をツーバイフォー工法へと変えて、独自の手法で、快適な住生活を提案してきました。

その変遷と国土建設のあゆみの関係はこちらの代表インタビューをご覧ください。 (永大産業「グッドパートナーNEWS vol.60」より)

中でも、自社で設計する理由は、建築する多くの建物それぞれが、お客様にとっては、かけがえのない大切な1棟である、という認識にあります。
ですから、つねにベストな設計である必要があります。
立派なモデルハウスは著名な建築家に外注している住宅会社、営業マンが設計する大手住宅メーカーなど、住宅各社のやり方はいろいろですが、私たちはお客様の住まいを大切に作りたいと考えます。自社の活動を積み上げることで、施工やアフターサービスでわかったことは、直ちに設計にフィードバックされます。

無駄な経費を削減する努力は、自社で行う販売から設計・施工にとどまりません。
例えば、高価なモデルハウスを廃止して、分譲型のモデルハウスを採用して無駄を省くとともに、お客様からは、「実際に生活する上で、とても参考になる」と好評をいただいております。 結果的に、堅実な財務内容となり、長期にわたっての安定した経営が保証されます。その結果は財務諸表としてホームページ内に公表しております。

敷地を生かす設計と外構計画

住宅の印象を決定する大切な要素に、外構があります。いくら立派な建物であったとしても、その周りを含めた印象がよくないと、立派な建物であったとしても住む人の品位や教養を感じることも難しくなります。 私たちが考えるのは、自然な感じを再現したような外構です。管理にあまり手を取られないようにして、しかも安らぎを感じられたり、毎年、季節を感じさせてくれる草木を中心とした庭づくりです。

連続する建物を計画できる分譲住宅の開発では、建物相互の関係を調整したら、建物の間の空地に庭としての役割を担わせるなどして各住戸の居住性を向上させたり、植栽計画で街並みとしての調和や美しさを演出します。 コンクリートやブロックでできた無味乾燥な素材、現しの外構ではなく、1日を終えて帰宅した時に、季節の変化を気づかせてくれるような自然味あふれる外構を、私たちは目指しています。

工業化と工業製品

高い性能の住宅を手頃な価格で提供するためには、生産の工業化や工業製品をうまく使うことがカギとなります。
例えば、ツーバイフォー工法で使う壁や床組みは、工場で組み立てて現場に搬入されます。
そこに断熱材や気密層を取り付けると、UA値(※)はおよそ 0.6W/(m2・K)。
上位のecoStage 仕様では、UA値=0.41W/(m2・K)の断熱性能となります。
北米で生まれたツーバイフォー工法ですが、日本独自の高断熱・高気密住宅、そして日本流の生産方式へと進化しています。
住宅で使われるドアやキッチン、バスユニットなど、積極的に工業製品を採用しています。もちろん、自然素材の素晴らしさは認めるのですが、耐久性や安定した品質を求めるとき、自然素材を盲目的に信奉するわけにはいきません。むしろ工業製品を組み合わせることで現代の多様なニーズに応えてきました。
他方、工業化というとすぐイメージする多くのプレハブ住宅では、同じような外観やプランが並びます。「工業化の目的は、工業化された住宅ではなく、住宅生産の工業化やシステム化によって、品質や生産性を上げ、多様な住まいを手頃な価格で提供する」ことだと考えてきました。

※UA値(外皮平均熱貫流率)とは家全体の断熱性能を表す数値で、従来の熱損失係数(Q値)に代わる指標です。家の内外で温度差がある場合に各部位から出入りする 熱損失を合計し、外皮面積で割って求めます。UA値が小さいほど熱が伝わりにくく、断熱性能が高いことになります。

小さく作って、広く住まう

建物が高性能になれば、部屋を区切って廊下でつながっている昔の住まいから脱して、オープンプランで、家のどこにいても快適で視覚的に広がりのある住まいに、少ない光熱費で生活することが可能になります。 もちろん、家が小さければ、建築費や維持管理費、税金が少なくてすみます。さらには、お掃除なども短期間でできるようになり、一石数鳥です。

関西ならではの住まいとは?

私たちが目指すのは、温暖な関西ならではの住宅です。 関西の気候の特徴は夏にあります。関西では、熱帯夜と呼ばれる夜には外気温が下がらず、窓を開けると逆に熱くなってします。ですから、エアコンを1日中かける日が30〜40日にもなることもあり、少しのエアコンで快適に暮らせる、性能の高い家が必要となります。 外界の環境を利用したパッシブデザインで、風や上昇気流の力を利用して自然の力で涼をとったり、冬に向けては、南に大きな窓をもうけて太陽からの陽射しで暖をとったりすることで、自然と関わりながら質の 高い快適性や健康が得られる、環境の負荷の少ない住宅を目指しています。

2016年の熱帯夜の日数

信頼と実績のP-CONブランド

これまでに国土ピーコンがお客様に提供した住宅は、15,000棟以上。1968年以来、50年以上のお付き合いが続いています。 販売から施行、そしてアフターサービスまでを責任を持って直接手掛けるために、活動エリ アを関西、 中でも大阪を中心に1時間圏に限定しています。 建てることは脇役で、住む人が主役。 そこで営まれる「快適な暮らし」に貢献することが 私たちの使命であり、喜びでもあります。